一価不飽和脂肪酸の「ドコセン酸」で美肌とダイエットに効果あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット2_re

不飽和脂肪酸という言葉を聞いたことがあると思います。脂肪酸の一つで、体脂肪になりにくい健康に良い脂質と言われています。ダイエットにも役立つと言われる不飽和脂肪酸の一つ、「ドコセン酸」について調べました。

「ドコセン酸」(一価不飽和脂肪酸)とは

ドコセン酸は一価不飽和脂肪酸の一種です。一価というのは二重結合が1つという意味で、他に多価不飽和脂肪酸があります。一価不飽和脂肪酸には他にオレイン酸やエルカ酸があり、この一価不飽和脂肪酸を利用したダイエットに「地中海式ダイエット」があります。オリーブオイルに多く含まれていて、脂肪になりにくい成分です。

一価不飽和脂肪酸は酸化しにくいという特徴があり、オリーブオイルのほか紅花油、魚、鶏の皮などに多く含まれています。発がん性があるとされる過酸化脂質が出来にくく、加熱しても酸化しないので、安心して料理に使うことができます。

「ドコセン酸」(一価不飽和脂肪酸)の効能・効果

腸内環境の改善

ドコセン酸は悪玉コレステロールを減少させ、しかも善玉コレステロールは減少させないという特徴をもっています。脂っこい食べ物や飲酒、喫煙、また加齢などで腸内の悪玉コレステロールが増えると、血管が固くなったり血管が敗れやすくなったり、血管が狭くなったりという症状が起き、血流が悪くなってしまいます。

美肌効果

ドコセン酸を含む一価不飽和脂肪酸は、肌の細胞を構成するために必要な栄養素で、細胞中の水分を保つ作用があります。この栄養素が減ってしまうと肌の細胞が保湿できず、乾燥や肌荒れなどのトラブルの原因になってしまいます。

ダイエット効果

腸内環境を整えることによって悪玉コレステロールができにくくなり、また排出されやすくなるため、ダイエットに効果があります。また腸の運動を高めるので便秘の予防や改善につながることもわかっています。

ドコセン酸を効率的に摂るには

ドコセン酸を多く含むのはさんまやにしん、さば、いわしなどの魚類と言われています。通常の生活で魚を摂取していれば、不足することはありません。魚をあまり食べない人は、卵製品が簡単で摂取しやすいでしょう。特に卵黄に多く、マヨネーズで利用するのが手軽ですね。マカデミアナッツにも多く含まれています。鶏皮にも多いので、嫌いだからといって捨ててしまうのはとてももったいないことです。食べなくても良いので、炒め料理の時に一緒に入れるなどの工夫をしましょう。

また、オリーブオイルや紅花油にも多く含まれているので、通常のサラダオイルに少し足して調理するのも簡単でおすすめです。ただし、オリーブオイルはものによって不純物が多く、特にJAS(日本農林規格)の規定が世界基準よりずっと甘いため、どんなメーカーの「エキストラ・バージンオリーブオイル」でも大丈夫という訳ではありません。出来るだけ信頼できるメーカーの商品を選ぶようにして下さい。

ドコセン酸を含む一価不飽和脂肪酸は、現在のところ多量摂取による副作用が見つかっていないため、摂取量を気にする必要はありません。ですが、脂肪になりづらいとは言っても全くならない訳ではないので、オリーブオイルを調理に使う際は1日大さじ3杯程度に抑えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加