「スーパー・オキサイド・ディスムターゼ(SOD)」で抗酸化!いつまでも若々しく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

114_美肌女性_re

「スーパー・オキサイド・ディスムターゼ」略して「SOD」。健康に関心のある方なら、一度は見たり聞いたりしたことがあると思います。体内の活性酸素を分解すると言われ、私たちの健康を維持してくれる酵素なのです。

「スーパー・オキサイド・ディスムターゼ(SOD)」とは

SODは私たちの体内に存在しており、活性酸素を抑制してくれる酵素です。酵素という言葉は日常化していますが、実際のところどんな成分なのでしょうか。酵素は私たちの体のあらゆる働きに携わっています。たとえば食物の消化、皮膚の新陳代謝、血行などは代表的な酵素の働きです。そのため、酵素が不足すると消化不良、肌荒れ、貧血、体力の低下などといった症状が起こります。

アメリカの酵素栄養学の権威エドワード・ハウエル氏によると、酵素はまず体内酵素があり、それが消化酵素と代謝酵素に分かれると考えられています。ただし体内酵素の量は決まっており、例えば消化酵素をたくさん使用してしまうと代謝酵素も減ると言われます。そのため食べ過ぎで消化酵素を多く消費すると代謝酵素が足りなくなり、肌荒れなどの代謝障害が起きると考えられています。

また、活性酸素とはウイルスや病原体を攻撃する強力な健康維持酸素なのですが、その量が増えすぎると今度は体内の細胞を攻撃し、傷つけてしまいます。そのため活性酸素を必要以上に増やさないようにするために、体内には活性酸素を分解するSODが備わっているのです。ところがSODは年齢とともに減少し、それに反して活性酸素はストレスや紫外線、生活習慣の乱れなどでどんどん増えてしまいます。そのため、体外から摂取する必要があるのです。

SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)の効能・効果

動脈硬化の予防

悪玉コレステロールは活性酸素が中性脂肪やコレステロールと結合することによって、増加すると考えられています。増加すると動脈の内壁に悪玉コレステロールが付着し、動脈硬化を起こします。SODには活性酸素を除去する働きがあるため、動脈硬化の予防に効果があるのです。

高血圧症の改善

高血圧になると、血管の内壁が傷つきやすくなり、さらに圧力がかかり続けることで破れてしまいます。SODには高血圧の原因となる体内の老廃物や毒素を体外に排出する働きがあり、血液がサラサラになります。すると血流が良くなり心臓に負担がかからなくなるため、血圧が下がるのです。

糖尿病の予防・改善

インスリンは酵素の一種で、血糖値をコントロールしている成分です。インスリンが正常に分泌されなくなると血中のブドウ糖濃度が上がり、血糖値が高くなってしまいます。酵素は糖質やアルコールの多量摂取で消費されてしまうため、暴飲暴食が続くと血糖値をコントロールできなくなるのです。でも、SODの投与によって血糖値の上昇を抑制する効果があることがわかっています。

活性酸素を阻止する

活性酸素は細胞のみならず、DNAまで破壊してしまいます。すると細胞は正常に生まれ変わることができず、老化したり病気になりやすくなります。SODには活性酸素を阻止し、老化や病気から体を守る働きがあります。

アンチエイジング

肌の正常なターンオーバーを阻害するのも活性酸素です。肌の細胞を傷つけるため、ハリや潤いがなくなり、老化してしまうのです。SODを摂取することで活性酸素がなくなり、肌荒れやシミ、シワ、たるみなどが改善します。

SODを効率的に摂るには

SODは野菜や果物に多く含まれています。これは動物と違い外敵から逃げることができないため、自分の身を守るための防衛手段ではないかと考えられています。明日葉やルイボスが有名ですが、ポリフェノールやビタミンC、ビタミンEなどの成分にも抗酸化作用があるため、これらを多く含む野菜や果物を摂ることでも補充できます。また、青汁の原料となるケールや大麦若葉、桑の葉などにもSODは多く含まれていますので、ジュースなどで割って飲むのもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加