善玉菌はなぜ必要?乳酸菌やビフィズス菌で腸内環境を良くしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲むヨーグルト_re

乳酸菌とビフィズス菌は違うもの?

ヨーグルトでおなじみの乳酸菌とビフィズス菌。同じものだと思っている人も多いと思いますが、実はこの2つは違うものです。整腸作用がある「善玉菌」という意味で同じカテゴリーに入れる場合もありますが、生物学的には全く違う菌なのです。ビフィズス菌は腸内の善玉菌の99.9%を占めていて、乳酸菌の1万倍存在すると言われています。

そもそも、乳酸菌ってどういうもの?どこにいるの?

乳酸菌は、糖類を分解することで乳酸を作り出す菌のことで、チーズやヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれています。私たちの体内に取り込まれると、ビフィズス菌のサポートをして腸内環境を整え、便秘や下痢を防いだり、免疫力を強化したりする働きがあります。ビフィズス菌と違い空気があっても生息でき、自然界のどこにでも存在しています。私たちの皮膚にも生息しているんですよ。

私たちの腸内には、善玉菌と悪玉菌、日和見菌が存在していますが、腸内環境が乱れると悪玉菌が優勢となり、さらに日和見菌という中性の菌まで悪玉化してしまいます。ですから、悪玉菌の増殖を抑え、私たちの腸内を健康な状態に保つには乳酸菌が必要なのです。

ビフィズス菌は腸内の善玉菌の代表格

善玉菌であるビフィズス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんには存在しません。乳児の時代に体内で増殖しますが、加齢とともに減少していきます。また、食物繊維の不足やストレスなど、生活環境により腸内環境が悪くなることでも善玉菌は減ってしまいます。ですから、減少してしまったビフィズス菌を補うには、食品から摂取しなければいけないのです。

ビフィズス菌の効能・効果

ビフィズス菌のおもな働きは、体内に取り込まれると乳酸や酢酸を生成します。特に酢酸は殺菌力が強く、悪玉菌の増殖を抑制する働きがあります。また、病原体であるO157などの感染予防効果にも優れています。そのほか、ビタミンB群やビタミンKの生成を助ける作用があるので、肌や粘膜の健康を保ち、貧血防止効果もあります。

アレルギー症状の緩和、貧血予防、美肌効果など、ほかにも多くの効果があり、ビフィズス菌の摂取は腸内環境を整えてくれるばかりではなく、健康維持に大いに貢献してくれる菌なのです。

腸内環境を整えないとどうなるの?

腸内環境が乱れると便秘や下痢になるというのは知られていますが、それだけではありません。特に便秘になると便の中の毒素や不要物質が体内に入り込み、細胞を老化させてしまいます。細胞が老化すると活性酸素が優位になりますから、さまざまな生活習慣病の原因となってしまうのです。ですから、腸内環境を整えることは健康のために大切なことなのです。

ビフィズス菌や乳酸菌を常食し、いつもきれいな腸に

ビフィズス菌を含む食品の代表格は、ヨーグルトです。とはいえ、実はどのヨーグルトにもビフィズス菌が含まれている訳ではありません。たとえば一番人気の明治ブルガリアヨーグルトの菌はブルガリア菌とサーモフィラス菌という乳酸菌で、ビフィズス菌ではありません。ですから、実際に色々試してみて、自分に最も合う菌や商品を見つけましょう。

ビフィズス菌は特定保健用食品にも選定されるほど健康効果が認められた菌です。ヨーグルトや乳酸飲料などで積極的に摂取して、腸内環境をいつも良くしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加