とろろ昆布ダイエット!栄養たっぷりで便秘解消、美肌効果も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

48_とろろ昆布_re

北海道在住の38歳専業主婦です。子供はおらず、主人とチンチラの2人+2匹家族です。二人の共通の趣味がお酒を飲むことで、毎晩必ず晩酌をしています。ほかにマラソンも趣味の一つで、定期的に走っています。最近の悩みは、食べることが大好きで食欲を抑制できないことです。

代謝が落ちて、食べただけ太るように

以前はどんなに食べても太ることはなく、食欲を抑制する必要はありませんでした。ところが最近代謝が下がってきたようで、太りやすくなってしまいました。運動もしていることから太るはずはないと楽観視していたら、最近は食べ過ぎたり脂っこいものを摂るとかなり増加するようになってしまったのです。しかも、なかなか元の体重に戻りません。

主人は痩せ型ですが、やはりウエスト回りにかなりお肉がついて来ています。毎晩の晩酌と油っこい夕食が良くないのでしょう。中年になってからの肥満は生活習慣病に結びつきやすいといいます。若い頃のように代謝できなくなっているので、食生活を変えなくてはいけないと感じました。

とろろ昆布ダイエットは簡単で効果があるらしい

たまたまテレビで見たのが「とろろ昆布」ダイエットでした。食事の一番最初に、水分と一緒に食べるとよいそうです。味噌汁に入れるのが簡単で、昆布の旨みも出るので一石二鳥です。このダイエットの良いところは、大量に摂取する必要がないことです。1日10g程度摂っていれば効果が出るそうです。また、食べる順番も大切だそうで、とろろ昆布を一番最初に食べることで昆布の栄養をしっかり摂り、さらに血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

昆布の栄養価がすごい!とろろ昆布なら吸収率アップ

昆布には食物繊維が多く含まれています。それを薄く削ることで同じ量の普通の昆布より多く食物繊維が摂れるそうです。特に水溶性の食物繊維がよく摂れるので、便秘解消にとても効果があります。昆布のネバネバの成分であるアルギン酸とフコイダンという成分が、血中コレステロールや中性脂肪を抑え、血管が硬化するのを防ぐことで動脈硬化を予防する働きがあります。アルギン酸は海藻のぬめり成分で、水溶性食物繊維です。

ダイエットの他にも、腸内環境を整えたり、高血圧や動脈硬化の予防、コレステロール値低下などに効果があると考えられています。フコイダンも免疫力を高め、抗ウイルス作用があり、ピロリ菌を除去しますし、最近はがん細胞を死滅させる働きが注目されています。

また、フコキサンチンという成分も注目されています。海藻の中でも昆布やワカメ、アラメなどに含まれている成分で、非常に抗酸化力が強く、メタボや糖尿病の予防効果が期待できるそうです。

そのほか、美肌や美髪に作用するというヨウ素、血流をよくするカルシウム、貧血を予防する鉄分なども含まれていて、毎日必ず摂りたい食品です。

運動するより健康効果あり!でも摂り過ぎには気をつけて

運動はなかなか毎日続けられないけれど、とろろ昆布を食べるなら簡単です。しかもダイエット、生活習慣病予防、肝疾病の改善、抗アレルギー作用など、運動するよりずっと健康に貢献してくれます。老廃物が排出されるので肌の調子も良くなったし、髪の艶も美容室で褒められました。

ただ、昆布には塩分やヨウ素が多く含まれているので、摂り過ぎには注意しなくてはいけません。どちらも日本人は過剰摂取しがちですが、特にヨウ素は甲状腺障害の原因となるとされています。昆布1グラムで1.6mg含まれていますが、1日の必要量は0.15mg程度だそうです。あまり長期に渡るとろろ昆布ダイエットは、しないほうが良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加