フラクトオリゴ糖で便秘解消!難消化性でダイエットにもぴったり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

143_便秘_re

女性は男性より便秘体質 解消するには?

女性の多くが慢性的な便秘に悩んでいると言われています。女性が便秘になりやすい大きな原因として考えられるのが、女性ホルモンの影響、筋力の問題や過剰なダイエットによって腸の動きが低下によるものです。男性以上に対策をしっかりしないと、なかなか便秘は改善されないと考える必要があります。

便秘を改善する為には、食物繊維の摂取を心がけることが一番大切ですが、今注目されているのがフラクトオリゴ糖です。これを摂るだけで、特に運動をしなくても快便になると評判です。最近では、青汁にフラクトオリゴ糖が含まれているものがありますので覚えておきましょう。

日本人のほとんどが野菜不足・繊維不足

日本人は食の欧米化によって野菜の摂取量が極めて少なくなったと言われています。ゴボウや切り干し大根など、日本の伝統的食材には食物繊維がたっぷりですが、こういったものは調理に時間がかかることもあり、敬遠されているのです。

1日の必要な野菜摂取量は300g以上400g未満、約350gが目安とされていますが、実際の摂取量は全世代不足しています。たとえば20~39歳は約250g、40~49歳で約265g、50~59歳で約300g程度という結果が出ているのです。

また、一日に摂取しなければいけない食物繊維の量は17~19g以上となっていますが、20~29歳は約12.5g、30~39歳が約13g、40~49歳で約13.2g、50~59歳で約15.5gと、やはりどの年代も不足しています。

青汁なら簡単に食物繊維を摂取できる

食事の中で必ず野菜を取り入れる・・これはなかなか難しいことで、必要量を満たすのは大変です。そこで、食事で野菜を取ることができないという方におすすめなのが青汁です。青汁には食物繊維が豊富に含まれているので、飲むだけで一日に必要な野菜を簡単に摂取することができます。サプリメントタイプもありますので、忙しく食事の時間も決まっていないという人にはサプリメントで補う方がいいかもしれません。

善玉菌をフラクトオリゴ糖で増加させよう

ここで、特に甘い物好きな方にお勧めの食材をご紹介しましょう。それは、フラクトオリゴ糖です。フラクトオリゴ糖は野菜に多く入っている糖のことで、砂糖に近くまろやかな味わいがある甘味料です。カロリーは砂糖の約1/2で、3種類の成分がそれぞれ善玉菌を増やす役割を持っています。現在市販されているフラクトオリゴ糖はてんさい糖やサトウキビ由来のものが多く、人工甘味料といっても安全性が高いとされています。

また、難消化性で消化されにくく、血糖値の上昇を抑え、コレステロール値も低下します。免疫力を高める作用もあるとされているので、積極的に摂りたい食材です。

たくさん摂取=体にいい!ではない

ただし、過剰摂取は逆に健康に良くないと言われています。たくさん摂取してしまうとオリゴ糖が腸内に吸収されなくなってしまい、どんどん蓄積してしまいます。これによって、下痢の症状を引き起こすことがあります。フラクトオリゴ糖は、腸内の善玉菌を増加させたいなら1g、便秘解消には3gが適量とされています。トータルでも一日5g程度までに抑えましょう。

なお、フラクトオリゴ糖は玉ねぎ、ゴボウ、トマト、バナナにも含まれています。市販のフラクトオリゴ糖ほどの含有量は望めませんが、食物繊維が豊富な食材ですから、こちらも積極的に摂るようにしましょう。

飲み物や料理にぴったりの自然な甘さ

オリゴ糖の利用方法で一番ポピュラーなのが、飲み物に入れる方法です。コーヒーや紅茶に少し入れるだけで甘さを引き立てることができ、違和感もありません。熱に強いので、料理に入れるのもおすすめです。ダイエットにもぜひ役立てて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加