便秘に国境はない?日本人と欧米人、アフリカ人の便秘事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

131_腸_re

便秘に国境はある?ない?

多くの日本人が悩む便秘。便秘というと女性というイメージがありますが、実は男性にも多いとか。これは、日本人の体質による特別な現象なのでしょうか、はたまた外国人も同じように便秘になる人は多いのでしょうか?日本と海外とではあらゆる習慣や文化が違います。当然食べるものも体格も違います。海に囲まれた島国、日本だからこそ起こる便秘事情なのか・・・検証してみましょう。

日本人の腸は外国人に比べて長い?

日本人は外国人に比べて便秘になりやすいと聞いたことがある方もいるでしょう。そして、なぜ便秘になりやすいのかというと、日本人の腸が長いためだと・・・。ですが、腸の長さに関してはほとんど変わりがないという最近の調査結果もありますから、あまり関係ないのかもしれません。それより、食べていたものの違いが大きいとされています。日本人は古くから穀物や豆類を主食にしてきました。

消化に時間がかかるものをゆっくり消化することには慣れているのですが、腸内で腐敗しやすい肉を早急に消化することにはまだ慣れていないため、便秘になりやすいという説があります。

食文化が大きく変わったことが便秘の原因?!

戦後、日本人の食文化は大きく変わりました。欧米型の肉食文化に舌は慣れましたが、腸が対応するにはまだまだ時間がかかると言われています。また、最近子供の顔型が変わってきたという話を聞いたことはありませんか?顎が小さくなり、歯の本数も減っているそうです。この原因は食べるものが柔らかくなり、よく噛まなくなったことで顎が退化したからだとか。

よく噛むことによって唾液が出ます。唾液は最高の消化剤とも言われ、よく噛むことで胃腸の負担が小さくなり、便秘を防ぐ効果があると言われています。こういったことも便秘の背景にありそうです。とはいえ、今のような欧米化の食事が進むよりも以前から、日本では便秘に悩む方も多かったことが分かっていますし、欧米人は便秘にならないということでもありません。

食物繊維が足りないと便秘になりやすい

そこで考えられるのが「食物繊維」と「ストレス」です。食物繊維が不足すると、腸内の蠕動運動が鈍くなってしまいます。野菜不足が便秘を引き起こすとすれば、肉ばかりを好んで食べる人は便秘になりやすいと言えます。

アイルランドの食物繊維研究の権威であるバーキット氏によると、英国・米国・カナダで一般的な食事をしている成人と中央アフリカの成人の排便量を比べたところ、中央アフリカの成人が約3倍もの排便をしているということがわかったそうです。この差の大きな原因は食物繊維の量だと考えられています。ですから人種や文化に関係なく、食物繊維を充分に補っていれば、便秘を避けることができると言えそうですね。

ストレスも便秘の大きな原因に

また、ストレスも便秘に大きく関係します。日本人は性格が細かく、綺麗好きで神経質と言われており、ストレスを抱えやすい気質なのかもしれません。何でも気にしない性格の人と、色々なことが気になる人とではやはりストレスレベルが大きく変わるでしょう。つまり日本人はストレスをためやすいために、便秘になりやすいと言えるかもしれません。

ですが、便秘解消に取り組むことで便秘は解消できますし、便秘から解放されればストレスも軽減します。便秘対策を積極的に実践していきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加