自分に合ったヨーグルトと納豆で便秘解消!疲労回復や美肌効果も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tsurasouna_onnanohito_re

愛知県で夫と娘1人と暮らす34歳の専業主婦です。第2子を4ヶ月後に出産します。結婚後も自動車関連の事務職をしていましたが、出産後も働き続けるには遠距離でフルタイムで働くのも難しかったので、第1子の妊娠9ヶ月の時に退職しました。妊娠前は食生活に気を使うこともなく、好きなものを好きなだけ食べていましたが、特に問題はありませんでした。

出産後体力が回復せず、便秘がちに

30歳を超えてからの初産だったせいか、体力を回復するのにとても時間がかかりました。慣れない育児と3時間おきの授乳に加えて家事もあり、十分睡眠を取ることもできず疲労がどんどん蓄積されていきました。便秘がちになり肌もボロボロになり、シミやそばかすが一気に増え、10歳くらい年を取ったようでした。

授乳するときの姿勢が悪かったせいか腰痛にも悩まされました。20代の頃はどんなに疲れても翌朝には回復していたのに、睡眠不足ということを考えても30代に入ってから急速に体が衰えたような気がします。

女性の体にとって、最も出産に適しているのは20代後半だそうです。妊娠力はホルモンの分泌量によって変わりますが、年を取れば取るほどホルモンのバランスが崩れやすくなりますから、妊娠はもちろん出産後にもずっとその影響が続くのです。女性ホルモンは33歳あたりからはっきり減り始めるそうで、私の出産時期はそれに当たってしまったのかもしれません。

ブロッコリー、納豆、ヨーグルトは毎日必ず食べています

便秘が続くとだるくなり、ストレスも溜まります。そこでまずは便秘に効果があるというヨーグルトを毎日食べることにしました。中には合わないのか効果が出ないものもあったので、相性があるのだと思います。私の場合は明治ブルガリアヨーグルトがぴったりでした。

納豆も欠かさず食べています。血液サラサラ効果と、食物繊維の多さで便秘も解消されることを期待しています。また、ブロッコリーには赤ちゃんの成長に必要な葉酸が豊富なので、妊娠中からずっと食べています。

ヨーグルトは菌との相性が合わないと効果なし

ヨーグルトは無名有名メーカーからたくさんの種類が出ていますが、有名だから良いというものではないそうです。使用されている菌はメーカーによって違い、その菌との相性は人によって違います。また、最初は良かったけれどだんだん効果がなくなって来た、ということもあります。私の場合は、色々試してみて一番合うのが明治ブルガリアヨーグルトでした。この商品はシェアトップだそうで、ブルガリア菌とサーモフィラス菌の整腸効果は科学的にも認められているそうです。

納豆は、ナットウキナーゼの効果をテレビで見て、健康のためにとても良いと知ったので毎日摂っています。血圧やコレステロール値を下げる働きもあり、生活習慣病予防にも良いそうです。

ヨーグルトや納豆は安価で、必ず結果が出る優れ食材

ヨーグルトも納豆もそれほど高くなく、よく特売にも出る商品なので助かっています。ブロッコリーだけは季節によって価格が変わるので、高い時には冷凍ものを使ったり、安い時に茹でて冷凍しておくなどしています。

最近は便秘が解消され、肌荒れもなくなりました。栄養バランスも整ってきたのでしょう、疲れにくくなったと感じています。しかも自分の好きな食材ばかりですから、負担に感じることもなくおいしく続けられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加