便秘で悩んでいるならば納豆を一週間続けてみて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

81_腸_re

私は都内在住の50代主婦です。現在小学生の息子がいて家計のやりくりが大変なので、パートを始めました。ヘルパーとして毎日1?2件の訪問介護をしています。主人は会社員でURの賃貸ですので、ローンや借金はない状態です。

外回りが多く便秘がちになってしまった

私は元々冷え性の体質で、夏でも手足が冷たく感じることが多くありました。特に朝は手足が冷えて血行が悪く、そのせいで便秘がちだったのです。学生時代から便秘薬のお世話になっていたのですが、時間調整を間違えてしまい授業中に腹痛で冷や汗を流すこともありました。

ヘルパーになってからは高齢者の家に2時間近くいることでトイレを我慢しなければなりませんでした。午前と午後に2件訪問があると時間調整ができずに便秘薬を使えませんでした。もう少しで仕事が終わるので帰宅しようと思っていると引きとめられてお茶を出されたりすることでストレスも溜まり、便秘が益々酷くなっていきました。

昼食には必ず納豆を食べる様に

幸い私の仕事は地元がメインでしたので、昼には一度自宅に戻って昼食を取ることができました。そこでなるべく快便作用のある食事をすることを心がける様になったのです。今一番欠かせない食品は納豆です。昼食には必ず納豆を食べることにして、パンの場合でも納豆だけ単品で食べる様にしています。

納豆は準備するのに手間もかからず、一人でさっと食べるはとても手軽な食品です。納豆ならば仕事の帰りにコンビニで買うこともできるので、手間いらずのおかずなのです。我が家では主人も息子もあまり納豆が好きではないので朝晩に食べる習慣はないのですが、昼間ならば一人で誰も気にせず食べることができます。但し仕事中ですので刻みネギは入れない様にしています。

納豆の酵素が便秘に効果があると知って

納豆は発酵食品です。つまり酵素ドリンクと同じ様に酵素を沢山含んでいるのです。酵素は腸内環境を整えてくれて、便秘を改善してくれます。納豆にはその他アミノ酸やナットウキナーゼも含まれているので、抗酸化作用や血液サラサラにも効果的です。アミノ酸は身体に不可欠な成分で、免疫力を向上させてくれるので風邪を引きにくくしてくれます。

発酵食品は一度に大量摂取が難しかったり、おかずとして食べにくい物が多いのですが、納豆ならばご飯があればそれだけで充分な栄養価が摂取できるのです

簡単で便利、翌朝もスッキリするように

納豆は確かに即効性はありません。下剤の様に食べてすぐお通じがある訳では無く、便秘が癖になっている人はある程度今まで通り便秘薬の力を借りることも必要となります。しかし今まで漢方の便秘薬を使う際には10錠以上も飲む必要があり、時間を問わず腹痛に悩まされていたのですが、毎日寝る前に便秘薬を3?4錠飲むだけで毎朝快便を実感できる様になりました。辛い腹痛も感じずに、本当に自然に便意を感じる様になったのです。

多少仕事中にお腹がゴロゴロ鳴ることもありますが、動いていることと相手がお年寄りであるので殆ど気にはなりません。もしも便秘で悩んでいる人がいるならば、是非一週間は続けて納豆を食べてみることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加