便秘になるとなぜ肌が荒れるの?その原因を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

128_にきび_re

便秘と肌荒れには深い関係がある

常に肌が荒れ気味でお悩みの方、もしかしたら便秘ではありませんか?肌荒れの原因は色々ありますが、非常に多いのが「便秘」から来るものなのです。便秘と肌荒れに何の関係があるのかと疑問に思うかもしれませんが、腸に問題があると全身すべてに影響して来るのです。

便は何から出来ている?

便秘というのは、つまり腸内に便が溜まったままという状態のことです。便は水分、食べかす、腸粘膜の細胞、腸内細菌などから出来ています。腸内細菌には大腸菌や発がん性物質を作る菌などがおり、それらの一部は生きたまま便になります。これらが含まれた便がずっと腸内に溜まったままだと、便に腐敗や発酵という変化が生じ、腸内では悪玉菌の力が強まってしまうのです。

便から有害物質が発生

腸内に滞留した便はそのうち有害物質やガスを発生するようになります。すると身体はそれを察知し、有害物質を体の外に出そうという防衛本能が働くのです。ですが便によって腸内が詰まっていると、有害物質の排出がうまくいかずに、やがて腸壁に有害物質が吸収されてしまいます。さらに身体は有害物質の排出のために多くのエネルギーを消費してしまい、本来の役割である新陳代謝ができなくなります。

体全体へとめぐっていく有害物質

腸壁に吸収された有害物質は、血液中に溶け出します。すると全身へと有害物質がめぐっていってしまうのです。その後、汗や皮脂などを通してようやく体の外へ排出されるのです。ですが肌細胞が持つ排出機能にも限界があり、通常ならしなくていい有害物質の排出までもすることになると、お肌の新陳代謝にも限界が訪れてしまいます。

ニキビや吹き出物は老廃物が排出された時の産物で、老廃物を排出する力もなくなると肌荒れになります。若い頃はニキビ花盛りだったのが治まって来た、という場合、もしかしたら肌が正常になったのではなく、老廃物を排出する力がなくなってしまったのかもしれないのです。

腸内環境の悪化が肌に悪影響を及ぼす理由

便秘により腸内環境が悪くなってしまうと、それが自律神経の働きの低下にも発展する場合があります。腸と自律神経は密接な関係があり、自律神経が乱れるとホルモンバランスも崩れ、肌のトラブルを引き起こしてしまいます。

また、腸内環境が悪くなると皮膚の健康に必要なビタミンB群の生成がうまく行かなくなると言われています。すると免疫力も低下し、炎症が起きやすくなります。さらに腸内環境が悪くなると活性酸素が過剰生成されることもわかっており、皮膚が酸化しやすくなってしまいます。

便秘が引き金となってしまう肌荒れ

このように、便秘が原因で肌荒れが起きるというのは、体内のメカニズムからいうと当然のことなのです。そして、便秘が原因の肌荒れには化粧品はほとんど役に立ちません。

便秘さえ解消すれば、肌は見違えるほど美しくなります。食物繊維や乳酸菌を含む食品を多く摂って腸内環境を整えるとともに、腹筋を鍛える運動をするなどして、一日も早く便秘を解消しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加