おから、チーズ、生姜で体調を改善!喫煙者にもお勧めの健康法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

56_喫煙_re

結婚するまで大阪に住んでいましたが、結婚を期に静岡に移住した31歳の主婦です。現在は北海道出身の夫との二人暮らしです。結婚前は食品会社に勤務し、健康有効成分の調査などをしていました。そのため、食生活に関する知識はそれなりにあると思います。ただ、夫の食事がなかなかコントロールできず困っていました。

喫煙と暴飲暴食、甘い物好きの主人の健康が心配です

主人は若い頃から喫煙しているため、血行が悪く、顔色がよくありません。肌も乾燥し、肌荒れがひどいです。これはタバコに含まれるニコチンの作用で、毛細血管を収縮する働きがあるためです。職場でのストレスも大きいようで、その発散のために甘い物を止めることができません。毎日のように1リットルの炭酸飲料を飲み、家ではかりんとうなどの強い甘みがあるお菓子を2袋ペロッと食べてしまいます。

ストレス発散のために甘いものが欲しくなるのは、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの材料を脳に運ぶためにブドウ糖が必要だからです。ただしこの効果は一時的なもので依存症になりやすいといいます。

さらに、体力仕事なので食事の量がすごく多く、空腹が耐えられないようで就寝直前でもお腹がすけばインスタントラーメンを2袋食べてしまいます。大量の炭水化物や糖分の摂取と喫煙、ストレスが重なって、生活習慣病になってしまうのではないかととても心配しています。

チーズ、おから、生姜で空腹を感じさせない食事療法を始めました

体力を使う仕事をしている人に「食べるな」と言うのは現実的な解決方法ではないと思い、食べながら健康を目指すことにしました。そこで活躍しているのが「おから」「チーズ」「生姜」です。おからには植物性たんぱく質、チーズには乳酸菌が含まれていて、体調の改善に役立ちます。どちらも腸内環境を整えてくれる食材です。また血行をよくするための生姜もスープに入れるなどして毎日飲ませるようにしました。

植物性と動物性のたんぱく質をしっかり摂って体質改善

おからはそのままでは食べにくいですが、良質な植物性たんぱく質が豊富です。また、大豆サポニンの効果で脂肪の吸収を抑え、さらに食欲を抑制してくれます。大豆ペプチドには基礎代謝向上作用があり、食べたものを消費しやすい体に変えてくれます。食物繊維も100gあたり11.5mgと非常に多く、さらにオリゴ糖が善玉菌を増やしてくれるので、便秘解消に役立ちます。

チーズは動物性たんぱく質が豊富で、アミノ酸スコア100の大変良質なたんぱく質です。植物性たんぱく質に不足している必須アミノ酸を含んでいるので、健康な体を作るのに役立ちます。ビタミンAやビタミンB2には皮膚を健康に保ち、脂質や糖の代謝を良くする働きがあるので、炭水化物を多く摂る人には必要な栄養素です。

生姜は血行を良くし、体を芯から温める作用があります。血流がよくなると栄養素が全身に回るようになりますし、新陳代謝もよくなります。

体調が良くなり、食に対する意識が変わりました

毎日この3種類の食材を摂るようになって、主人の便秘が解消されました。そのおかげか、肌荒れや顔色もずい分良くなりました。すべて安く手軽に手に入る食材ですし、色々アレンジがきくものばかりなので、家計に負担になることもありません。

食べ物で体が変わるということを身を持って体験した主人は、食に対する意識が変わったようです。最近は積極的に体に良いものを食べるようになり、あれほど飲んでいた炭酸飲料もほとんど口にしなくなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加