ビールを飲んで便秘解消ができるってホント?メラノイジンの効果を引き出す方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

15_お酒_re

抗酸化作用がある成分?細胞が若返るメラノイジン

しょうゆや味噌に含まれているメラノイジン。実は、この成分は抗酸化作用の強い成分と言われています。抗酸化作用というと老化を防ぐ働きとして、知っている方もいるかもしれません。体の中にある老化を促進してしまうという、私達の的とも言える「活性酸素」ですが、これを撃退してくれるのが抗酸化作用の働きです。活性酸素は放っておくと体の中でどんどん増えてしまいます。実はこの活性酸素は年齢やさまざまな理由が重なり、私達の体の中で増加してしまいます。また、老化や病気といった症状を引き起こし、健康をも害してしまいます。活性酸素は多くなりすぎると、体の内面と外面を衰えさせてしまいます。しわやシミと言った外面の衰えだけじゃありません。体の内部でも、内臓の機能が衰えたり、免疫が低下するといった諸症状が出てきます。免疫が下がると、体の外からのウイルスに対しての攻撃力も下がるため、病気にもなりやすくなります。大きな病気をも引き起こしてしまうリスクも増えてしまいます。このように増加する活性酸素を食い止めるには抗酸化作用のあるメラノイジンがおススメなのです。メラノイジンは体の健康にプラスして「若々しさ」を得ることもできるのが嬉しいですよね。また、メラノイジンは、抗酸化作用があって細胞の老化を防ぎ、そして体の血行不良をも解消する成分として知られています。

頑固な便秘にも効果を発揮、腸内環境をよくしてくれる

実はメラノイジンには、腸内環境を整える効果もあります。腸内環境が悪化すると便秘が起きて、老廃物が排出されずに体の不調は悪化します。しかし、メラノイジンには食物繊維同様の働きがあるので、腸内に良い効果をあらわすと言われています。腸の健康は体の健康に直結しているので、メラノイジンを摂って便秘を改善してみましょう。

ビールを飲んで健康に?メラノイジンを効率よく取ることが可能

毎日の仕事の疲れを癒すものとして「ビールを飲むのは毎日の日課」という方も多いのではないでしょうか。実はビールでメラノイジン効果が得られるのです。実は、メラノイジンという成分がメイラード反応を引き起こして、ビール独特の褐色になっています。しょうゆや味噌という発酵食品にもメラノイジンが含まれていますが、メイラード反応によって、茶色っぽく変色しているのです。ビールを飲みながら健康効果も期待できるなんて、ビール好きの人には嬉しい情報ではないでしょうか。また、直接飲まずしても、調理用としてビールを活用するのもおススメです。ビーフシチューなどに混ぜて調理に用いても摂取できるので工夫してみるのもいいですね。

毎日の料理にメラノイジン入りの調味料を!

メラノイジンはしょうゆや味噌にも豊富に含まれています。しょうゆや味噌という発酵食品は、日本人にはとても馴染みの深い調味料ですよね。毎日の調理には欠かせないものとも言えます。このように、食事にメラノイジン入りの調味料を使って、免疫アップや抗酸化作用、さらには腸内環境を整える効果を上手に引き出していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加