健康の大敵ウイルス・細菌を一網打尽!クマ笹に含まれる多糖類『バンフォリン』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元気な女性2_re

クマ笹に多く含まれる『バンフォリン』という名の多糖類。聞きなれない成分ですが、その免疫力を上げる効果はすごいそう。糖尿病や高血圧の予防はもちろん、恐ろしいガンの予防にも効果が期待出来るのです。

弱い体にバンフォリンで喝!

私たちの体が多くの細胞の集合体であることはご存じのとおり。しかし、それらの細胞は私たちが知らないうちに、寿命を迎えたり、傷ついたり、さらにはがん細胞へと変化しています。もちろん私たちに強い免疫力が備わっているなら、細胞は生まれ変わったり、修復されたり、悪い細胞を攻撃したり、と問題はないのですが、年齢と共に免疫力は衰えてしまいます。年齢を重ねると自然に体が弱くなってしまうのは、そういう理由なのです。そんな免疫力が落ちた体に『喝』を与えてくれるのが、バンフォリンです。

バンフォリンが細胞ガードをサポート!

ではなぜバンフォリンには、免疫力アップ効果があるのでしょうか。人間の細胞は傷つかないように、細胞膜という多糖体で守られています。しかし、その細胞膜もウイルスや細菌などによって攻撃されると傷つきます。さらにその修復が遅れると、細胞自体も傷つきやすくなってしまうのです。その細胞膜の傷を修復する作用を持つのがバンフォリンです。傷ついてもすぐに修復される細胞膜は、ウイルスや細菌、さらにはがん細胞からも細胞をしっかりと守ってくれるのです。

バンフォリンは手軽にサプリや青汁で

一般的な食品には含まれていないバンフォリン。クマ笹に多く含まれているのですが、それを人間が食べるのはほぼ無理です。しかし最近では、バンフォリンを含んだサプリメントや青汁も販売されるようになりました。何しろ手軽ですから、毎日の中でも無理なく摂取することができますよね。最近疲れ気味、病気しがちな人はなおの事、継続して摂取しつづけていきましょう。

昔の人は知っていた?バンフォリンの抗菌・防腐効果

笹ずしやちまき、笹だんごなどを思い浮かべると分かるように、昔から伝えられている食べ物の中には、笹で包んだものが多くあります。これは、笹が持つ殺菌作用や防腐作用を利用したもの。実はこの強い抗菌作用や防腐作用の実態こそが、バンフォリンの効果なのです。また、その防腐作用は、食品だけでなく化粧品など幅広く利用されています。昔の人々の知恵と知識って、本当にすごいですよね。

パンダをマネして栄養素を笹から補給!

パンダの食べ物、というイメージの強い笹。特に動物園のパンダは笹だけを食べて生きていますよね。このことからも分かるように、笹にはバンフォリンだけでなく、ビタミンやミネラル、鉄分や食物繊維など豊富な栄養素が含まれています。これら栄養素の数々は高血圧や糖尿病、骨粗しょう症や貧血の改善に効果的。さらに、便秘や口内炎、口臭の改善の効果も期待できるのです。

サプリメントや青汁には、笹の重要な栄養素がたっぷりと含まれています。普段摂取できない栄養素も、これらの栄養補助食品1つで補えるのは嬉しい限りです。

1日の摂取目安量は、サプリ等で確認!

1日どれくらい、といった明確な摂取量が定められていないバンフォリン。それぞれのサプリメント類によって含まれている量も変わるので、注意事項を必ず確認したうえで摂取しなければいけません。毎日数回摂取するだけで、バンフォリンの成分を摂取できる青汁やサプリメント。習慣づけるだけで、病気に強い体づくりが期待できますよ。

バンフォリンで病気知らずの毎日に!

あくまでも栄養を補助するために摂取したいバンフォリン。普段の生活の中で、栄養が十分に摂取出来ている人には必要のない成分かもしれません。しかし、多忙な毎日。私たちの食生活は乱れがち。ついつい簡単で偏った食事を摂りがちではないでしょうか。そんな生活をリセットするためにも摂り入れてほしいバンフォリン。豊富な笹の栄養素も同時に摂取でき、病気知らずの健康な体に近づくことができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加