コンビニ弁当だけじゃダメ!豆腐やヨーグルトで便秘解消、美肌効果も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

39_納豆豆腐_re

就職を機に山口県で一人暮らしを始めて2年になる、20代女性です。一人暮らしは生活のことをすべて自分でやらねばならず、仕事も忙しいので大変です。特に最初の頃は何もわからず頼る人もなく、かなりストレスが溜まりました。

コンビニ弁当に頼り過ぎて便秘や肌荒れ、体重増加も

仕事に忙殺され、自炊する気力が起きないので、いつもコンビニ弁当です。しかもどうしても好きな物ばかり選んでしまうので、かなり栄養のバランスが悪いです。カロリーばかり高くなり、野菜や植物性の食品が足りないため、体調もだんだん悪くなっていきました。

さらに悪いことに、仕事のストレスからドカ食いが始まりました。コンビニには魅力的な食品が多いので、ついつい買ってしまいます。今日は頑張ったからとか、今日は嫌なことがあったからとか強引に理由を作り、スナック菓子やスイーツを買っては食べの繰り返しです。結果、体重増加だけでなく、便秘や肌荒れ、倦怠感などに悩まされるようになりました。

どうやら、今のコンビニは完全に女性客をターゲットにしているようです。以前は男性を取り込もうとしたそうなのですが上手く行かず、甘い物や新商品に対しては財布のひもが緩い女性を狙い撃ちしているそうです。そのために味はもちろん、ロゴをソフトな感じにしたりパッケージを華やかにしたりとあの手この手。価格に対する利益率も高いそうで、私はまんまとコンビニの戦略にはまってしまったようです。

ヨーグルトや大豆製品を摂るように心がけた

スイーツ代わりになって便秘解消になるものということで、ヨーグルトに目をつけました。毎日食べるとなると糖分が気になるので、プレーンの明治ブルガリアヨーグルトを選びそのままで食べるか、はちみつをかけておやつ代わりにしています。

また、週3回は必ず自炊するようにしました。それまで食べる機会があまりなかった豆腐や厚揚げなどを積極的に摂るようにしました。これらは料理が簡単で、そのままでも食べられるのでとても便利です。納豆もできるだけ食べるようにしました。

ヨーグルトや大豆製品で腸内環境を改善したら、便秘や疲労が解消

ヨーグルトは乳酸菌やビフィズス菌の働きで腸内環境を良くします。牛乳から出来ているのでカルシウムも豊富で、骨を丈夫にしたり精神を安定させる働きがあります。しかもヨーグルトのカルシウムは乳酸と結合することで乳酸カルシウムとなり、牛乳より吸収力が良くなるのだそうです。

大豆製品は畑の肉と呼ばれるほど良質のたんぱく質が含まれているのに低カロリーです。大豆サポニンは脂肪の吸収を抑える働きがあり、ビタミンEには血行を良くしたり美肌効果があります。また、腸内の善玉菌のエサとなるオリゴ糖が含まれているので、便秘に効果があります。大豆ペプチドは筋肉疲労を回復させたり脂質代謝を促す作用があります。

ただし、肉や魚、卵、乳製品の多くはアミノ酸スコアが100と、必須アミノ酸9種類がバランスよく含まれていますが、豆類はおからが91、豆乳が86、木綿豆腐は82とバランスが若干悪くなっています。そのため、他の食品で補わないと健康の維持に必要なたんぱく質がうまく活用できず、体調を崩す原因となりますから、注意が必要です。

便秘解消で血流改善、気力も体力も戻ってきた

ヨーグルトを食べるようになって、便秘が解消されました。肌の調子もよくなり、むくみも取れたようです。血行が良くなったようで倦怠感もなくなり、精神的にも安定してきて仕事にも集中できるようになりました。

また、大豆製品は少量でも満足感がある上腹持ちがいいので、お菓子を食べることが少なくなりました。体重はまだあまり減っていませんが、効果がありそうなのでこのまま続けるつもりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加