アイスのようにおいしいアテモヤが体内を健康に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

155_アテモヤ_re

アテモヤは豊富なミネラル等の栄養素を含む機能フルーツ

アテモヤは、世界三大果実の一つといわれるチェリモヤとシャカトウという果物を交配してできた果物です。糖度は20〜25度と非常に甘くクリーミーな触感から、まるでアイスクリームを食べてるような気分になります。この果物、おいしいだけでなく、ミネラルが豊富なうえ、ビタミンも多く含んでいます。体を中から活性化させる効果が期待できます。

マグネシウム:酵素の働きを助けます

アテモヤ100g中に29mgのマグネシウムが含まれます。マグネシウムは、体内の約300種類の酵素の働きを助ける効果があります。タンパク質の合成やエネルギー代謝、筋肉の収縮、血圧の調整、血糖値の調整等様々な効果があり、動脈硬化や心臓病、高脂血症の予防に役立ちます。また、エネルギー代謝に必要なビタミンB1を保持する効果があります。

カリウム:塩分の排出と筋肉を健康にします

アテモヤ100g中にカリウムは340mg含まれています。カリウムは、体内や細胞にある余分なナトリウム(塩分)を排出する役割があります。ナトリウムは、余分に存在すると、体内や細胞に水分を蓄えます。そのため、高血圧やむくみの原因となります。また、筋肉の働きをよくする効果があり、心筋梗塞や筋肉の痙攣の予防に役立ちます。

カルシウム:骨と歯の健康とイライラの解消に役立ちます

アテモヤ100g中にカルシウムは、26mg含まれます。カルシウムは、リンと結合し、骨や歯の材料となります。そのため、骨粗しょう症の予防に役立ちます。また、カルシウムには神経の伝達を良くし、精神を安定させる働きがあります。そのため、心臓を規則正しく鼓動させ、イライラの解消に役立ちます。

ビタミンC:コラーゲンの材料として細胞を強く結びつけます

アテモヤ100g中にビタミンCは14mg含まれています。ビタミンCはコラーゲンの材料となる成分です。コラーゲンは、体内の血管や筋肉、各種臓器の細胞を強く結びつける役割があります。そのため、肌荒れの予防、風邪の予防、壊血病の予防と様々な効果が期待できます。また、ビタミンCは免疫力の源となる白血球の働きを強化し、自身もウィルスを攻撃するため免疫力を高める効果があります。

食物繊維:腸内を綺麗にし血糖値の急激な増加を防ぎます

アテモヤ100gには、食物繊維が3.3g含まれます。食物繊維は、食事の際に摂取すると、糖分の吸収を穏やかにし、血糖値の急激な増加を防ぎます。そのため、余分な脂肪の生成を抑え、糖尿病の予防の効果が期待できます。また、腸内の善玉菌の繁殖を助けるとともに、腸内の不要物をからめて体外へ排出する働きもあります。

アテモヤを使った主な料理

アテモヤは、冷やして、半分に切ったり、上部の皮をむき、スプーン等ですくってそのまま食べるのが一般的です。アイスクリームのような食べ心地から、バニラやコーヒーリキュールを数滴たらして食べてもおいしくいただけます。また、果実とミルク、コニャック等の甘みと合うお酒を混ぜてジューサーにかけると、おいしいカクテルになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加