超!強力な抗酸化作用!アスタキサンチンで細胞から若返ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

105_毛ガニ_re

アスタキサンチンといえば、最近は高級化粧品で有名になりましたね。サケやイクラ、エビ、カニなどに含まれる赤い色素のことですが、非常に高い抗酸化作用があります。人間の体内では作り出せない成分ですが、私たちの身近にある食品から摂ることができます。

アスタキサンチンが最近脚光を浴びているのは、抗酸化作用のほかにも眼精疲労を緩和したりメタボ予防になったりと、現代社会において多くの人が悩んでいる問題を解決する働きが期待されているからなのです。

アスタキサンチンの抗酸化作用が老化や病気を防ぐ

アスタキサンチンの最も素晴らしい効能が、抗酸化作用です。酸化とは、活性酸素によって細胞が酸化することを指します。活性酸素は紫外線やストレス、暴飲暴食、喫煙、大気汚染など色々な原因で発生します。これらによって細胞が酸化=サビつくと、老化の原因になります。それだけでなく、細胞が老化すれば当然各臓器や器官の働きも衰えますから、あらゆる病気の原因にもなるのです。

呼吸しているだけでも、取り込んだ酸素の2%が活性酸素になります。激しい運動をして呼吸が荒くなれば、それだけ活性酸素を増やしてしまうことになります。このように、活性酸素は生きている限り必ず発生してしまうものですが、アスタキサンチンには非常に高い抗酸化力があり、活性酸素を抑制し、細胞の老化を防いでくれるのです。お肌のアンチエイジング作用があるのは、年齢化粧品に使用されていることからもわかりますね。

アスタキサンチンは筋肉疲労や筋肉痛を軽減する

アスタキサンチンは特に筋肉疲労を軽減する作用があります。運動に使われるグリコーゲンが少なくなると、エネルギーを生成できなくなります。アスタキサンチンはグリコーゲンの使用量をコントロールする働きがあり、疲労物質である乳酸を作られにくくします。また、筋肉痛の原因となる筋損傷は活性酸素が原因と考えられており、アスタキサンチンは高い抗酸化作用があるため、筋肉痛を軽減してくれるのです。

眼精疲労や目の病気の予防効果も

アスタキサンチンの特徴の一つに、毛細血管を通して細部にまで入り込めるというものがあります。特に目に働きかけ、眼精疲労や目の奥の痛み、炎症などに効果があります。さらに、目の疲れから来る肩こりや頭痛なども改善されます。

抗酸化作用がメタボも予防してくれる

活性酸素によって悪玉コレステロールが増え、血中に入り込むと血管の壁に貼り付き、血管を細く硬くしてしまいます。すると動脈硬化となり、生活習慣病の引き金になります。アスタキサンチンには抗酸化作用によって活性酸素を除去する力があるので、血液をサラサラに導いてくれるのです。

アスタキサンチンを効率的に摂るには

イクラ、カニ、エビなどに多く含まれていますが、一番手軽に食べられるのがサケです。というのは、サケは生まれて海に行くと海底を回遊するのですが、その海底の回遊する際の餌として小型のカニやエビを殻ごと捕食するからです。エビやカニを食べなくても、それ以上のアスタキサンチンを摂取することができるのです。カニやエビ100gに含まれるアスタキサンチンは各1mg程度ですが、紅サケには2.5~3.7mgも含まれています。

アスタキサンチンはサプリメントで摂取すれば簡単

アスタキサンチンにはっきりした効果を期待する場合、1日に6mg程度摂取することが推奨されています。サケ200gは切り身2枚程度になり、毎日食べるというのはちょっと大変ですね。そんな時にはサプリメントを利用することもできます。毎日摂取するのが難しいこういった成分は、サプリで手軽に摂るのもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加