スタミナ維持・促進にはアスパラギン酸!疲労回復や体調回復効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスパラガス_re

アスパラギン酸を知っていますか?その名の通りアスパラガスに多く含まれているアミノ酸の一種で、疲労回復に効果があるとされています。多くの栄養ドリンクに含まれていて、疲れやすい方、免疫力が弱く風邪をひきやすい方、生活習慣病を予防したい方などに有効です。

クエン酸回路に働きかけて、疲れを緩和

人間の体内でエネルギーを作る回路を「クエン酸回路」といいます。食べた物の一部が消化の過程でエネルギーに変わる過程のことですが、過剰な運動が行われることでクエン酸回路がうまく回らなくなると、乳酸がたまり、疲労が蓄積されてしまいます。

アスパラギン酸には、疲労回復を促進させるいくつもの働きがあります。まず、たんぱく質を代謝し、エネルギーを作り出します。また、グルコースが不足するほど体力が消耗した時に、グルコースを作る助けとなります。また、クエン酸回路に働きかけ、乳酸をエネルギーに変えることで疲労を回復してくれるのです。

タンパク質の分解でできる有害物質アンモニアを排出

アンモニアという物質はたんぱく質が分解された時にできるもので、エネルギーの合成を阻害します。また、蓄積されると神経細胞に悪影響を及ぼし、脳浮腫などの疾病を引き起こします。アスパラギン酸はこのアンモニアを排出する働きがあります。また、それによって肝臓の負担を軽減してくれます。

また、ストレスや病気などによって体内のビタミンやミネラルが消費されると、細胞内外の体液のバランスが乱れ、体調が崩れてしまいます。アスパラギン酸には不足したミネラルを細胞に取り込む作用があるので、体調を整えてくれます。また、興奮性のアミノ酸と言われ、ストレスに対する抵抗力が高まるとされています。

さらに、肌の新陳代謝を促し保湿する作用があるため、ターンオーバーが正常になり、美肌づくりに役立ちます。

アスパラギン酸は色々な食材に含まれている

アスパラギン酸は名前の通りアスパラガスに含まれていますが、そのほかに枝豆やそら豆、もやし、レンコンや牛肉・豚肉などに多く含まれています。加熱すると構造が変性してしまうため、加熱のしすぎに気をつけて、炒め物などで摂取すれば簡単ですね。

また、アスパラギン酸はカリウムやマグネシウムなどのミネラルを細胞の中に運ぶ働きがあります。そのため、油揚げ、納豆などの大豆製品も一緒に食べるとより良いでしょう。

かつお節やシラスにもアスパラギン酸がたっぷり

アスパラギン酸は旨み成分の一つで、鰹節やシラスにも多く含まれています。味噌汁を作る時にかつお節を使用したり、料理の一品に振りかけると良いでしょう。シラスはご飯にかけたり和風サラダに入れたり、ちりめんじゃこを作ったりといろいろできます。

過剰摂取は心配なし、栄養バランスの取れた食事を

アスパラギン酸はたんぱく質の合成に必要なアミノ酸なので、摂取してもすぐ消費されてしまうと考えられています。そのため、過剰に摂取しても問題はないとされています。必要量というのは特に決められていませんが、0.3g~0.9gずつ1日3回摂ると最も効果が出るそうです。ただ、普通に食事をしていれば摂取できるので、特に意識しなくても良いでしょう。

アスパラギン酸は体内で作ることができる非必須アミノ酸の一種ですが、加齢とともに減って来ます。中高年になって疲れやすくなったと感じたら、アスパラギン酸を含む食材を摂ったり、栄養ドリンクを利用してはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加