調理しやすいあさりには、美肌や疲労回復、アンチエイジング効果もあり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

71_あさり_re

高血圧や貧血気味の人にもおすすめ。あさりの優れた栄養素とは

あさりのお味噌汁や酒蒸しは、独特の深い味わいがあり食卓でも人気のメニューでしょう。酒蒸しなどはお父さんのお酒のつまみにもなり、またバター炒めやクラムチャウダー、スパゲッティなど子供も好きな料理も作れて、手軽に食べられる貝として毎日の食事に使われることも多いのではないでしょうか。血圧を下げたり貧血を防止するなど、健康にも非常に良い食材です。

亜鉛:抗酸化作用、免疫力向上、味覚の正常化

亜鉛が不足すると味覚がおかしくなると言われます。あさりには亜鉛が含まれているので、正常な味覚を保つためにも摂取したい食材です。また亜鉛は抗酸化作用があり、お肌や血管の老化を防ぐので、若返りのためにも欠かせない成分です。免疫を向上させる働きもあります。風邪の予防にもなる成分といえるでしょう。

カルシウム:骨や歯の強化、精神安定

あさりにはカルシウムが含まれています。カルシウムは骨や歯を丈夫に形成する働きがあり、骨折や骨粗しょう症の予防としても積極的に摂取したい成分です。またカルシウムを取ることで、神経に作用し精神の安定をはかることができます。イライラと怒りっぽい人は、カルシウムを取ると良いでしょう。またストレスの緩和にもなります。

鉄分:赤血球中のヘモグロビンの生成、疲労防止

あさりは鉄分が豊富な食材です。鉄分は赤血球中のヘモグロビンを生成するための大切な成分であり、健康な血液を作ってくれます。生理やダイエットなどで貧血気味の女性には、特に欠かせない成分といえるでしょう。また鉄分を摂ることで脳まで血液を循環させることができ、その結果活力がアップし、疲れにくくなります。

タウリン:肝機能の活性化、ホメオスタシス効果、血圧の抑制

あさりにはタウリンが含まれています。タウリンにはホメオスタシスという効果があります。これは細胞や体の弱っている機能を、本来の正常な状態へと戻してくれる作用のことで、人の生命にとって非常に大切な役割をしているといえるでしょう。また肝機能を活性化させたり、血圧の上昇を防ぐ働きもします。高血圧の人にもおすすめの成分です。

ビタミンB12:糖質の代謝、睡眠誘導、精神の安定

あさりに含まれるビタミンB12は水溶性ビタミンB群の一種であり、体内では肝臓に蓄えられています。この成分には、睡眠を誘導したり神経に作用して精神安定をはかる働きがあります。眠れないときや情緒不安定なときに摂取すると良い成分でしょう。そのほかにも、貧血を予防したり、糖質の代謝にも役立つ成分です。

あさりを使った主な料理

あさりを使った料理には、酒蒸しやお味噌汁、鍋料理、炊き込みごはんなどがあります。そのほかにも、スパゲッティやクラムチャウダーなどの洋食にも使われる食材です。煮汁にも旨味成分と栄養がたっぷり含まれており、薄味にすることでスープごと飲むことができます。いろいろな調理に手軽に使いやすい貝といえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加