アサイーの疲労回復効果に期待!アンチエイジングや便秘にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

78_アサイー_re

私は大阪府在住の37歳独身会社員です。現在、両親と同居しています。仕事はメーカーで接客とそれに付随する事務仕事をしています。始業時間が比較的遅めなので出社も帰宅も遅く、休みは基本的にシフト制になっています。

異動後疲れやすく、疲労が溜まってきた

疲れを感じやすくなったのは、約2年前に現在の部署に異動になってからです。働く場所もスタッフも変わったストレスなのか、常に体にだるさを覚えるようになりました。それまでは早めに就寝したり休日はゆっくり過ごすことで、疲れが残るということはほとんどありませんでした。ですが最近はいくら眠っても寝足りないというのか、休日もゆっくりというより気力なく過ごしている感じです。環境の変化によるストレスのほか、そろそろ年を取ってきたのかもしれません。

ブラジル産のアサイーやカルシウム入り食材を摂るように

以前テレビで、アサイーというフルーツが身体に良いと話していました。アサイーはブラジル・アマゾン産のヤシ科の樹木の果実で、生を手に入れるのは不可能。なんでも、収穫後24時間後には酸化してしまうので、加工しないといけないのだそうです。ですから、アサイーが入ったヨーグルトかアサイードリンクのどちらかを毎日摂るようにしています。

また、ストレスにはカルシウムが良いと聞いたので、毎朝牛乳とチーズを必ず食べるようにしています。同時に、添加物や着色料などが入った食品をできるだけ避けるために外食はなるべく控え、お昼もお弁当を持参しています。

アサイーのビタミンB1や鉄分に疲労回復効果あり

アサイーは非常に多くの栄養を含んだ果物です。ビタミンB1・B2・B6・B12、カルシウム、鉄分、亜鉛、食物繊維などを含有していて、良質のアミノ酸も豊富です。特にビタミンB1に疲労回復の効果があると聞きました。サッカー選手の中澤佑二選手が貧血と疲労を治すためにアサイーを飲んでいたところ、改善したそうです。

また、女性は鉄分不足が多く、これも疲労の原因となるそうなので、アサイーの鉄分に効果が期待できそうです。さらにアサイーは牛乳の3倍ものカルシウムを含んでいるので、ストレスの緩和や骨粗しょう症の予防にも良いそうです。

また、アサイーには抗酸化作用があるポリフェノールがブルーベリーの約18倍、赤ワインの約30倍含まれていて、細胞が酸化するのを防ぐことで老化防止に効果があるそうです。また、ポリフェノールの一種アントシアニンはブルーベリーなどにも含まれる成分で、眼精疲労に良いといわれています。アサイーに含まれる必須脂肪酸によってコレステロールや血糖値も下げてくれるので、生活習慣病の予防にもなるそうです。

アサイーは高価だけれど、便秘が改善された

アサイーは劣化が早い上、ブラジル政府によって種の輸出も禁止されているため、日本で生のものを手に入れることはできません。現在日本にあるのは、冷凍のアサイーやアサイーを凝縮させたものです。その分手軽ですが、結構コストはかかります。アサイー自体はほとんど味がないため、他の果物と合わせたり砂糖を加えたヨーグルトやドリンクが売られています。

冷凍のものを購入して牛乳や豆乳と混ぜたり、アサイーボウルにするのもおしゃれです。その他サプリメントもあり、続けるならこちらのほうがコストパフォーマンスはずっと良いでしょう。

今のところ疲れにくくなったという実感はまだありませんが、お通じがとても良くなりました。元々便秘ではありませんが、回数が増え、スムーズに出るようになりました。食物繊維がゴボウの3倍以上あるそうなので、その効果でしょうか。老廃物が体外に排出されることで体がきれいになり、疲れにくくなっていくと思うので、これからも続けて摂取しようと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加