朝ご飯が便秘解消の秘訣?薬に頼らず毎日すっきりする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5_朝食_re

朝は食べる?食べない?

最近、「朝食を食べなければいけないという考えは間違い」という意見があるようです。これは、夕食後約18時間胃に何も入れないことで、内蔵が正常に動くようになり健康になる、という考えです。

でも、朝ご飯はお昼までのエネルギー源です。お昼まで空腹をかかえての仕事や勉強は、脳の働きが悪く集中力が出ません。しかも、力士が1日2食で体を作るように、食事の回数を減らすとかえって太りやすいのです。さらに胃に何も入ってこないと腸に刺激が行かないため、便秘がちになってしまいます。ですから、便秘症の人は朝ごはんを食べて腸を目覚めさせることが必要なのです。

朝ご飯を摂るメリット・デメリット

人間は睡眠中でもエネルギーを消費していますから、夕食後約10時間後に目覚めた時にはエネルギーが残っていないため、ガス欠状態です。そのため朝ご飯でエネルギーを補給し、脳を活性化し、体の隅々に栄養を送ることが必要です。しかし、前の晩に食べ過ぎてしまった時は睡眠中に消費できず、翌朝になっても胃が重たい、食欲がわかないということが起こります。

ですから、絶対に朝食を摂らなくてはいけない、というのではなく、空腹を感じてから食べたほうがより健康的です。ただし、夜の過食は脂肪として蓄積されやすいので、できるだけ夕食はカロリーが低く脂肪分が少ないものを摂り、朝起きた時に空腹を感じるように調整したほうが肥満防止になります。

便秘がちな人ほど朝食を摂ろう

便秘がちな人は、朝食をあまり食べない傾向があるようです。すると腸のぜん動運動が活発にならず、便意をもよおしません。また、便秘になると腸内環境が悪くなるため、善玉菌や食物繊維がうまく作用しなくなってしまうのです。

また、便意を感じてもなかなかトイレに行けない環境の場合、どうしても便秘がちになってしまいます。特に女性はホルモンの関係で便秘になりやすく、さらにメイクに時間がかかったり家族の世話などで、便意を感じてもなかなかトイレに行けません。自宅以外ではトイレに行きづらいという気持ちもあり、どんどん便秘が悪化してしまうのです。

ですから、決まった時間にトイレに行く習慣をつけることが大切です。朝の出勤前、お昼時間など自分なりに一日のスケジュールで考えて時間を確保するように努力をしてみましょう。また、腸を刺激する簡単な体操がたくさんありますから、朝起きたらすぐ行なうのも効果的です。

欧米人も便秘に苦しんでいる!和食に戻ろう

日本人は欧米人に比べて腸が長い、という説と、腸の長さはほとんど変わらない、という両極談な説があります。ただ、どちらにしても欧米人にも便秘はあります。WebMDというサイトによると、年間約400万人のアメリカ人が便秘で病院に行くのだとか。

日本人の腸は、もともと穀類を消化することには慣れています。ところが食生活の変化で動物性食品を多食するようになり、その反面食物繊維の量が大幅に減りました。そのため、どうしても便秘になりやすいのです。

ですから、便秘改善を目指すのであれば、欧米食から和食へと切り替えましょう。野菜中心の献立を組み立てたり、和食の定番であるお味噌汁や煮物にもたっぷりと野菜を入れましょう。和食にすることで温野菜を取り入れることができますので消化の手助けにもなります。

朝はパン!という人は

朝はパン食派という方は、オリゴ糖を入れたヨーグルトを一品追加しましょう。ヨーグルトとオリゴ糖の組み合わせは最高の便秘解消コンビです。ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれているので善玉菌が増え、オリゴ糖は善玉菌のえさとなります。2つの相乗効果で、腸内環境が非常に良くなるのです。

好き嫌いが多いほど便秘になる

ここで言う「好き嫌い」とは肉好き野菜嫌いのことです。肉ばかりを食べていると、消化不良となり便秘の引き金になります。野菜をきちんと摂取しないと、食物繊維を取ることができなくなってしまいますので、便秘を慢性化させることになります。

ところで、魚にも食物繊維は含まれていません。ところが便秘解消に良いと言われています。その理由はDHAやEPAという不飽和脂肪酸にあります。この脂肪酸が便通を良くする油の働きをしてくれるのです。毎朝時間に余裕を持って、少しずつでも和食を摂るようにすれば、だんだん便秘は解消されます。早めの就寝、起床で便秘知らずの日々を送りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加