慢性疲労は鶏のイミダペプチドで!アンチエイジングにも効果あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

33_鶏料理_re

北海道札幌市で両親と三人暮らしをしている45歳独身女性です。現在はシフト制のコールセンターで9時~17時半、週5日働いています。お客様からの問い合わせやクレームに対応しているため、ストレスが溜まりやすい職場です。

40代になり疲れが慢性化、すべてが悪い方向に

40代になってから、身体がだるく感じるようになりました。仕事から来るストレスが溜まり、肌荒れがひどくなって化粧のりも悪くなりました。その上首や肩に常にこりがあり、毎日つらい思いをしていました。

また、ストレスのせいか疲れているのになかなか寝付けず、朝の寝起きが悪くなりいつもイライラするようになり、家族に当たり散らすようになってしまいました。職場の人からは顔のくまを指摘され、気力まで失われていくように感じ、どうにかしなくてはいけないと悩んでいました。

和食中心の食事に変え、たんぱく質をしっかり摂るように

30代までは、朝食はパンやヨーグルトなどで簡単に済ませていました。でも、それでは今の体調は良くならないのがわかったので、和食を中心とした献立を考えるようになりました。

和食にすると、お味噌汁や納豆など、消化が良くて一日の活力になる栄養素がたっぷりです。それに大根おろしや温野菜、大豆製品などをプラスします。疲労回復にはたんぱく質が必要だと思ったので、野菜以上にたんぱく質を重視しました。疲労回復効果が高いといわれる鶏の胸肉は毎日食べるようにしています。必須アミノ酸のバランスがよい上消化吸収率が他の肉より高いので、胃もたれしないので朝食にぴったりです。

イミダペプチドは、疲労回復やアンチエイジングに効果がある

鶏の肉には、イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)という疲労回復成分が羽根の付け根や胸に多く含まれているそうです。そのため、鳥は休む事なく飛び続けられるのだそうです。

イミダペプチドは、ヒスチジンとアラニンの二つのアミノ酸が結合していて、鶏の胸肉のほかマグロやカツオなどにも多く含まれています。イミダペプチドには疲労物質を分解する働きがあり、疲労回復に大きな効果をあげているようです。さらに、活性酵素を除去するので細胞が酸化するのを防ぎ、アンチエイジング効果があります。

尿酸の量をコントロールするので、痛風の予防にもなります。またイミダペプチドは脳にも届くため、自律神経のバランスを整え、ストレスが溜まりにくくなるそうです。

安価な鶏の胸肉で体調がぐっと上向きに

鶏の胸肉を食べるようになって2週間目頃から熟睡できるようになり、朝の寝起きがとても良くなりました。また疲労感も激減し、身体が軽くなったような気がします。

イミダペプチドは効果が実証されていると聞きましたが、本当でした。眠りの質が良くなるとお肌のゴールデンタイムや成長ホルモンの分泌時にぐっすり眠れているので、肌の調子がよくなり美白効果も出てきました。鶏の胸肉は安価なので、毎日食べても負担になりません。特売にもよく出ますし、時にはちょっと高めの地鶏肉を買って食べ比べをしたりして、楽しみながらやっています。

独特のパサパサ缶も、塩麹に浸けておくだけで柔らかくなり、風味も出ます。それを削ぎ切りにしておけば朝サッと焼くだけで食べられるので、手間もかからず重宝しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加