疲れが体や肌に現れたら…『アラニン』でスタミナと美肌を手に入れる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット_re

ついつい飲みすぎて、二日酔い…なんて経験ありませんか?そんなときに頼りになるのが、アミノ酸の一種であるアラニンの存在です。アルコール分解や肝機能の保護に力を発揮するアラニンですが、長時間の運動をサポートする役割も。さらに化粧品の成分としても使われるほど、美肌効果も期待されているのです。

スポーツドリンクにも配合されたスタミナ力!

健康的にダイエットをするときに欠かせないのが、運動ですよね。ただ、慣れない人にとって運動中のスタミナを持続させるのは、難しいもの。せっかく、意気込んで運動を始めても、スタミナ不足から、泣く泣く諦めるケースもあるかもしれません。

そんなスタミナ不足の不安解消に、役立つのがアラニンの摂取です。というのもアラニンには、エネルギー源となる利用するグルコースを肝臓で生成する役割が。スポーツドリンクにも配合されている理由も、何となくわかりますよね。

肌の天然保湿成分だった!

肌の天然の保湿成分の中にもアラニンは存在しています。時に化粧品の成分として配合されていますが、食事として摂取することで、より効果が期待されるよう。実は肌の保湿成分の約4割を占めているのは、アラニンを含むアミノ酸。少しでも肌の調子に違和感があるとき、アラニンを含む食材を選んで食べることで改善できるかもしれません。

豚肉はアラニンの宝庫!

様々な食材に含まれているアラニンですが、特に多く含まれているのが“豚肉”です。豚肉といえば、アミノ酸がたっぷりの食材。糖や脂肪の代謝もサポートします。部位によってはその脂肪分も気になるところですが、あまり気になるようであれば、思い切ってカットしましょう。またしゃぶしゃぶしたり、蒸し料理、網焼きにすることで、カロリーの大幅減も期待できます。

カツオ節のうま味成分はアラニン

日本人にとって、欠かせないうま味成分のひとつ、“カツオ節”。このカツオ節の中にも、アラニンは豊富に含まれています。毎日の味噌汁のダシ、として。また、使い終わった後のカツオ節は、醤油やみりんを使って佃煮やふりかけづくりにチャレンジ。捨てるところは一切ありません。また、様々な料理のトッピングにも利用可能。和え物はもちろん、ご飯のお供や、お好み焼きや焼きそばなどあらゆる料理にうま味を与えてくれます。

さらに、肉や野菜のいためものに入れると味がまとまりやすくなるので、余計な調味料を入れる必要が無く、塩分の大幅カットにもつながりますよ。

無理のない範囲で摂取して

非必須アミノ酸であるアラニン。摂取目安量は特に定められていませんが、万が一摂り過ぎたとしても、体に必要のない分は外へ排出されます。自分の体と相談しながら、無理のない範囲で摂取し続けることが、健康を手に入れる近道なのかもしれません。

アラニンでスタミナと美肌を手に入れる

私たちの体の代謝を強力にサポートするアラニン。特に豚肉に含まれる量は多く、100gに対してなんと9300㎎も含まれているそう。特に夏などの元気が無くなりがちな時期には、意識して摂取したいものですよね。

また、肌の天然保湿成分にも豊富に含まれているアラニンは、美しい肌を保つためには欠かせない存在です。特に肌の保湿成分が失われると、シワやシミの原因にも。少しでも気になることがあったら、アラニンを含む豚肉を食べて、早めの対策を心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加