血圧を下げるなら青魚のDHAとEPA!中性脂肪を下げて血液サラサラに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

112_青魚_re

私は倉敷に住む、50代の専業主婦です。血圧が高めで、上がる時は上が160になることもあります。薬を飲んでいますが、食生活も気をつけることにしました。野菜の量を増やし、中性脂肪も下げるように気をつけています。

血圧が高く、中性脂肪も危険信号に

40代に入ってから、中性脂肪の数値が高くなりました。専業主婦なので運動不足なのでしょう、料理は栄養を考えて作っていたつもりですが、だんだん太ってきました。健康診断で血圧を測ったところ、150以上あり驚きました。母が脳卒中で倒れていることもあり、必ず血圧は下げなければいけないと思いました。

中性脂肪が高いと悪玉コレステロールが増えてしまいます。また少し動いただけで息切れがするので、階段を上がるのもつらいです。見た目も悪くおなかもぽっこり出ています。

食物繊維と青魚、大豆をたくさんとっています。

以前の生活はお肉中心でしたが、最近は、たんぱく質は青魚(ぶり、さば、さんま)、食物繊維が多い野菜、大豆を良く食べています。甘いものは少しずつでも減らしています。最近では、根野菜をいっぱい入れた鍋も作りました。和食を増やし、大豆製品をできるだけ摂るようにしています。

北海道のせんごく大豆が血圧にいいときいて、ごはんと一緒に炊いています。生活習慣病予防のためにも、よくかんでゆっくりと食べるようにしました。夏はスムージーを飲んでいましたが、最近は甘酒を飲みます。発酵食品もとっています。(キムチや味噌)

青魚のEPAとDHAが中性脂肪を下げる

EPAとDHAは中性脂肪を下げると言われているので、ぶりやさんま、さばをよく食べています。生でとれないときは、缶づめを使っています。そして、お医者さんからロトリガといういわしのサプリを処方されました。これは保険がききます。せんごく大豆のごはんは便秘にすごくいいです。抗酸化作用があります。

腸の調子がよくなると体全体の老廃物も出ていくので、脂肪が減ってきます。おなかがすっきりしてきました。発酵食品は体にいいので続けようと思います。朝のりんごはおなかいっぱいになりますね。

ロトリガと食生活で中性脂肪がさがりました。

ロトリガ(いわしのサプリ)は、EPAとDHAの両方を含んだ高脂血症治療のための医薬品で、中性脂肪を減らす効果が認められています。中性脂肪の分泌を抑制し、さらに血液内の中性脂肪も減らしてくれるそうです。1か月2000円程度かかります。青魚はできるだけ食べるようにしていますが、毎日となると大変です。サプリで同じ成分を摂れるので簡単ですし、毎日飲んでいるので効果がしっかり出て、中性脂肪が正常になりました。

ダイエット効果はまだなので、運動との併用がいいようです。食物繊維をとるようになったので、便秘もなくなりました。とくにいいのがおからとせんごく大豆です。手間が掛からないのも魅力ですね。1か月1000円から2000円です。

薬は月に2000円程度ですから、青魚を買うより安くすむかもしれません。ですが青魚にはEPAやDPA以外にも疲労回復のタウリンや貧血予防の鉄分などが豊富なので、薬だけに頼らず魚もどんどん食べ続けようと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加