青汁とウォーキングで20kg減!生活習慣病予防には野菜が不可欠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

35_青汁男性_re

私は現在20代後半になる実家暮らしの男性です。仕事は事務ですが、ストレスが多い職場で過食気味です。昔からメタボ体型ですが、これまでは特に問題もなく、ダイエットなどはせずに過ごしてきました。

健康診断で、メタボとコレステロール値の高さを指摘された

まだ20代だというのに、昨年の健康診断でコレステロールの数値が高いという診断を受けました。それで病院へ行ったところ、お医者さんから食生活を改善して血液をサラサラにするようにアドバイスされました。

確かに昔から肥満だったのですが、これまでは健康診断で悪い数値が出たことがなかったため、特に気にすることもなくダイエットもしたことがありませんでした。しかし、さすがにメタボの上にコレステロール値が高いと診断されたので、今のうちに改善しておかないと生活習慣病になると思いました。運動が苦手だったので、食生活を見直すことを重点的にやることにしました。

野菜の絶対量が少なかったので、青汁を利用することに

それまでの食生活をチェックしてもらったところ、生野菜不足だと指摘されました。しかし普段の生活の中で野菜を摂れる機会はあまりありません。1日350gを毎日、というのはよほど意識しないと不可能です。

そこで、野菜不足に良いと評判の青汁を飲むことにしました。毎朝、必ず飲んでいます。また、持参する弁当には揚げ物を入れないようにし、野菜炒めなど野菜中心のメニューにするよう心がけています。

青汁で便通が良くなり、生活習慣病の予防にもなりそう

青汁を毎日飲むようになってすぐ実感したのが、便通が良くなったことです。たった1杯の中に食物繊維がたくさん入っているのだと驚きました。胃の調子も良くなり、これは油や肉を減らしたことも理由の一つでしょう。

青汁1杯でどの程度の野菜が摂れるのか、はっきり書かれていないものが多いのですが、大体50~100g程度だと言われています。1日の必要摂取量は約350gですが、実際の日本人の平均野菜摂取量は250g前後だそうです。ですから、単純計算ではありますが2杯も飲めば必要な量を摂取できるということになります。最近の青汁は飲みやすい味になっていて、お茶代わりに飲むだけで良いので楽です。

また、野菜の栄養を取っているおかげで血行が良くなり、風邪も引かなくなりました。しかも、あんなに好きだった揚げ物を食べると気持ち悪くなり、胃が受けつけなくなりました。生活習慣病の予防としても効果がありそうです。

青汁のおかげで100キロから80キロに

週末1時間ほどウォーキングするようにしたこともありますが、なんと20キロも減量できました。ウォーキングではカロリーは100kcalも消費しませんから、主な理由はやはり青汁だと思います。100キロから80キロになって、体が軽くなりました。

また、便通が良くなったので腸の調子がとても良くなり、消化力もアップしたようです。疲れにくくなりましたし、多少疲れても翌朝にはすっきりしています。まだメタボを脱出できたわけではありませんが、血行が良くなったので新陳代謝力も上がっているのだと思います。これからもこの食生活を続けて、理想体重まで持っていきたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加