青汁は苦くて渋くて青臭い!?でも飲んでほしいから、飲みやすい方法をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

35_青汁男性_re

青汁の元祖ケールは、栄養価は高いが…

健康に良いといわれる青汁。今ではドラッグストアで簡単に手に入るようになりました。でも、青汁とはどんな食品なのでしょうか。

青汁とは、生の野菜をそのまま絞った健康食品のことです。最初の頃はキャベツの仲間であるケールという植物の葉を絞ったものでしたが、ケールは非常に栄養価が高いものの、かなり強い苦みと青臭さがあります。そのため、現在では明日葉や大麦麦芽などをブレンドしたものや、ケールを使用していない製品も数多く登場してきています。また、粉末になるとくせが抜けることと各社独自の製法で、粉末のほうが飲みやすくなっています。

青汁は健康維持に必要なビタミン、ミネラル、酵素などが豊富

青汁の一番のメリットといえば、たった1杯で野菜不足を解消し、体に必要なビタミンやミネラルを十分摂取できるという点でしょう。また、ビタミン類にはその他の栄養素の吸収を助けたり効能を引き出す働きがあるため、健康維持になくてはならない栄養素なのです。

たとえば、疲労回復に良いといわれる豚肉は、ビタミンB1と一緒に摂ることでその効果を発揮するのです。また、また、ケールや明日葉、大麦麦芽などには、フィトケミカル(ファイトケミカル)、ポリフェノールなどの抗酸化物質が含まれているため、活性酸素を除去してアンチエイジングや美肌づくりにも役立ちます。

青汁を飲みやすくするために

最近はおいしく飲める青汁も販売されるようになりましたが、まだまだ飲みづらいという人が多いようです。粒状のものもありますが、固形にするために色々な添加物が使われますから、長期摂取を考えるならできるだけ青汁そのもの、または粉末のものをお勧めします。少しでも飲みやすくするためのいくつかの方法をご紹介します。

はちみつ+青汁

青汁の渋みが苦手な方は、はちみつを加えてみてはいかがでしょうか。はちみつにはビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどが多く含まれていて、疲労回復、高血圧の予防、整腸作用、美肌効果など非常に多くの効能があります。青汁が飲みやすくなるだけでなく、はちみつの健康成分も体内に取り込むことができます。

牛乳+青汁

甘い味が苦手なら、牛乳+青汁ではいかがでしょうか。牛乳には、カルシウムをはじめとするミネラルや多種のビタミンが含まれていて、大変栄養バランスの良い食品です。基本は牛乳と青汁を1:1で混ぜますが、好みの量を見つけて下さい。

こんな飲み方も試してみては?

豆乳+青汁、ヨーグルトに青汁をかけて摂取する方法もあります。豆乳には大豆イソフラボンが含まれ、さらに消化のあまりよくない大豆の栄養素が豆乳なら9割以上摂れます。ヨーグルトにはカルシウム、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が含まれています。

青汁は各メーカーから販売されていて、その味の感じ方も人それぞれです。口コミを読んで想像した味と実際が違うということも起こりますが、そんな時に一工夫できれば飲み続けることができるのではないでしょうか。ぜひいろいろ試して、自分の好きな味を作ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加