野菜不足には大麦若葉の青汁!疲労回復、老化防止を強力サポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

83_青汁_re

千葉県で一人暮らしをしている40代サラリーマンです。男の一人暮らしですから、食事はいつも適当です。コンビニ弁当や総菜を買ってきて食べ、ビールを飲んで寝るという毎日を送っています。つい肉ばかり選んでしまい、野菜不足なのが気になっています。

疲れが抜けず集中力も落ちメタボに

年とともに疲れが抜けにくくなってきたと感じています。特に昼食後は眠気がひどく、午後はあまりいい仕事ができなくなりました。その日のうちに片付けなければならない仕事が終わらないので、残業をすることもしばしばあります。それで余計疲れてしまうという悪循環になってしまったと感じています。

そして同時に、かなりメタボ体型になってしまいました。デスクワークであることと、運動を全然しないなどの日常生活が大きな原因の一つで、もう一つの原因が食生活だと思います。コンビニ弁当を選ぶ時も、サラダなどは買いません。肉料理ばかり選んでいるので野菜不足だという自覚があります。

肉だけの生活を改め、青汁を飲むよう勧められた

会社の同僚に健康に詳しい女性がいるので、相談をしてみました。すると、やはり私の食生活は肉に偏り過ぎているとのことでした。お肉ばかりで野菜を食べないと、体に必要な栄養素が足りなくなるので疲れやすくなるし、カロリーも高くなるので太りやすいのだそうです。彼女は私に、青汁を飲むことを勧めてくれました。

青汁というと年配の人が飲むというイメージだったのですが、年齢は関係ないと言われました。青汁は不足しているビタミンやミネラルを補ってくれるから飲むように、そして肉中心の食事を変えて、量も控えめにすると良いと言われました。

大麦若葉の成分が凄い

青汁にはたくさんの栄養素がふくまれています。私が飲んでいる青汁は大麦若葉と言う植物で作られています。この大麦若葉がたくさんの栄養分を含んでいるのだそうです。ビタミンA,ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC,ポリフェノール、カルシウム、マグネシウム、鉄などが豊富に含まれています。緑黄色野菜のブロッコリーやホウレンソウよりも多くの栄養素が含まれているとのことです。

そして食物繊維も豊富に含まれているので、腸の調子を整えるのにもいいのだそうです。たしかに便通がよくなってきたのを感じます。疲れも残りにくくなったのは、これらの栄養素が効いてきたからではないかと思い始めました。

青汁にはケール、明日葉、桑などもよく使われますが、大麦若葉の一番の特徴がSOD酵素でしょう。この酵素はもともと体内に存在し、活性酸素を除去する働きがあります。ところが年齢とともに減っていくので、活性酸素が全身に広がり、疲れやすくなったり老化したりしやすくなります。大麦若葉でSOD酵素を補うと、疲労回復や様々な病気の予防ができるようです。

青汁は手軽に飲めて、便利です

青汁は水に割って飲むだけなので、私のように料理が苦手の独身男性にうってつけです。青汁を2リットルのペットボトルに作っておいて冷蔵庫に常備し、いつでも飲めるようにしています。また食事制限もはじめたので、体重も少しずつ落ちてきました。疲労感は以前よりもずっと少なくなりました。集中力も増し、残業をする回数が減りました。

粉末で持ち運べるので、居酒屋などでもお酒を飲む前に青汁を飲むようにしています。お酒も次の日に残りづらくなるような気がします。これからも青汁を飲み続けて、もっと健康になりたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加