鮮やかな紫色は健康成分の集合体!『アンストシアニン』で辛い眼精疲労を解消!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

126_眼精疲労_re

スイーツの材料としてよく使われる紫色のさつまいも“ムラサキイモ”。鮮やかな色がとても目を引きますが、この色の正体は『アンストシアニン』というポリフェノール成分です。高い抗酸化力を持つだけでなく、体脂肪の燃焼や眼精疲労など目のトラブル解消にも効果的。また、ムラサキイモだけでなく、赤ワインや黒豆の皮などにも含まれています。

目の健康に不安を感じたらアンストシアニンを頼ろう!

年齢を重ねるにつれ、体の機能は衰えていくもの。老眼もその一つです。しかし、そんな老眼もアンストシアニンの力さえ借りれば、解消できるかもしれません。というのも、アンストシアニンには加齢により衰えた網膜機能を活性化するはたらきがあるのです。さらに目で見た情報を脳に伝える伝達物質の分泌を促すのもアンストシアニンの役目。これら二つの作用は、老眼だけでなく疲れ目や視力改善の効果も期待されています。

アンストシアニンで若返り効果!?

私達の体の老化には、“活性酸素”が大きく関与しています。というのも、体内に増えた活性酸素は皮膚や内臓、血管などあらゆる器官を攻撃し、酸化(=老化)させ、場合によっては重篤な病気の原因になってしまうのです。そんな体の老化を防ぐためにも、是非摂取したいのが抗酸化作用のある成分。中でも高い抗酸化作用を期待されているのが、アンストシアニンです。

例えば、摂取することで、血液中の脂肪分の酸化によって起こる血液ドロドロを解消。これにより動脈硬化の予防はもちろん、体の隅々にまで栄養分が行き届きやすくなり、肌や体の若返りが期待できるのです。

縁起もの“黒豆”にアンストシアニンはたっぷり!

おせち料理の中に入っている黒豆。皆さん、食べていますか?実はこの黒豆の皮にはアンストシアニンがたっぷり。特に煮豆は皮ごと食べることができるので、余すことなくその栄養分をいただけます。また、豆を煮るのが面倒な方は、黒豆茶を利用してみてはいかがでしょうか?こちらは豆ごと煮出すだけ。お茶の中にアンストシアニンの成分がたっぷり溶け出して、飲むだけで簡単にキレイを目指せますよ。

ブルーベリーにもアンストシアニンはたっぷり!

アンストシアニンはブルーベリーにも豊富に含まれています。出来れば生で食べたいのですが、なかなか手に入りにくいもの。ただ、加熱に強いアンストシアニンは、ジャムに加工してもその栄養分が壊れることがありません。たっぷり手に入ったら手作りジャムで。また市販のブルーベリージャムにもアンストシアニンは豊富に含まれています。トーストにはもちろん、スムージーに入れたり、ヨーグルトのソースとして朝食の場でも大活躍。

また、砂糖代わりに紅茶に入れてもOK、と意外な使い方もできますよ。

本気で眼精疲労を解消したいならサプリメント摂取がベストかも

目の疲れに効果を発揮するアンストシアニン。特に疲れが気になる時は多めの摂取を意識しましょう。例えば、効果が期待できるブルーベリーの摂取量は、1日約60~300g。しかし、毎日これだけの量を食べ続けるのは難しいかもしれませんね。そんな時はサプリメントを利用して、上手に眼精疲労を解消しましょう。

現代人の悩み解消のカギになる!?アンストシアニン

鮮やかな紫色が特徴のポリフェノール成分アンストシアニン。眼精疲労の改善に効果を発揮し、高い抗酸化力をもつこの成分は、目を酷使し、ストレスが溜まりがちな現代人にとってはとても魅力的なものです。ただ、その効果を得るためには、食べ物に換算すると多くの量を摂取する必要が。はっきりとした効果を得たいなら、サプリメントを利用することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加