美肌とアンチエイジングには内側から!効果の高いおすすめ食材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

21_ナッツ_re

美容に熱心な年頃の娘を二人持つ、46歳の専業主婦です。最近は娘以上に美容に熱心になり、特に内側からのケアに気を配っています。

若いつもりが…40歳を過ぎて、自分の顔にぎょっとした

私はどちらかといえば小顔で首も長いためか、若く見られるほうでした。30代に入っても年齢を言うと驚かれていたので、アンチエイジングや老化という言葉とは無縁だと勝手に思い込んでいたようです。

でも、当然加齢は誰にでもやってきます。40歳を過ぎたある日、自分の顔を鏡で見てぎょっとしました。くっきりとほうれい線が走っていたのです。それまでも線はありましたが、笑いジワだと信じ込んでいました。でも、本当は老化してできた深いシワだったのです。また43歳くらいからはマリオネットラインと呼ばれる、口角より下に伸びるシワまではっきりわかるほどになりました。

よくよく観察してみると、目尻にはカラスの足跡、目の下には小じわと、想像以上に老化が進んでいたのです。あまりのショックに落ち込んでしまいました。

外側より内側からケアをすることが大切だと知った

46歳で2人の子持ちと考えれば、ある程度の老化は仕方ないのかもしれません。ですが同年代で若々しい女性もいますから、何か方法があるのではないかと思い、テレビやネットで色々調べました。そして、外側からより内側からのケアのほうがずっと大切だということがわかったのです。

驚いたことに、甘いものが非常に老化を進めることがわかりました。そこでケーキやシュークリームなどを極力控えるようにしました。また、鮭や高野豆腐、生こんにゃく、くるみなどのナッツ類が肌に良いと知り、積極的に料理に使っています。

アンチエイジング作用のある食材を食べるようにした

鮭には、抗酸化作用が強いアスタキサンチンが豊富なことで知られています。アスタキサンチンは赤い色素で強力な抗酸化作用があり、肌のコラーゲンやエラスチンが紫外線によって破壊されるのを防いでくれます。アンチエイジングに効果があるのは、FUJIFILMの「アスタリフト」にアスタキサンチンが含まれていて、その高い肌細胞修復作用で大人気なところからしても明らかだと思いました。

また高野豆腐や生こんにゃくには大量のセラミドを生成する物質が含まれています。セラミドは角質層に存在する成分で、保水作用が非常に強く、紫外線やダニ、ほこりなどから肌を守ってくれます。そのため、シミやそばかす、乾燥を防ぎ、しっとりしたお肌になるのだそうです。

また、くるみなどのナッツ類には、オメガ3脂肪酸という老化防止やダイエットに欠かせない脂質が含まれています。皮膚を強くし炎症を防ぐ効果や、肌の新陳代謝を促進する作用があるそうです。血流を改善する作用や女性ホルモンのバランスを整える働きもあるので、美肌づくりに貢献してくれます。

ダイエットにもアンチエイジングにも効果があった

糖分は老化を進行させると聞きましたが、完全に止めるとストレスになりそうです。そこでできるだけ控える、という程度にしましたが、それでも体重が減り始めました。

また鮭は価格が安定していますし、手軽なので毎日食べることができます。簡単に塩焼きにしたり、シチューに入れたりスモークサーモンにしたりと、料理方法も色々あります。高野豆腐は家族も好きなので、毎日食卓に出しています。煮含める時に砂糖を使うのですが、できるだけ少なめにしています。

くるみは結構値が張る上あまり好きではないのですが、トースターで香ばしく焼いて、サラダにかけたりしています。生こんにゃくは肉じゃがに入れたり甘酢で煮付けたりして2日に一度は食べています。

これらは肌にも健康にも良いものばかりです。化粧ののりもすごく良くなりましたし、糖分を控えるだけで病気が治るという説もあるくらい、砂糖を減らすと健康に良いようです。今後は赤ワインやココアでポリフェノールも摂っていこうと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加