トクホの油と家電で脂をカット!コレステロールを無理なく下げる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

65_油_re

愛知県で個人事業主をしている40代男性で、現在一人暮らしをしています。独立して10年以上経ちました。フリーランスなので食事の時間が適当で、あまり良くないのではないかと感じています。生活習慣病やメタボのチェックのため、定期的に献血をして、健康診断代わりにしています。

献血結果でコレステロール値が徐々に上昇していると気づいた

3~4ヶ月ごとに献血をしています。個人事業主なので健康診断の制度がなく、自費だとかなり高額になるので、献血を利用しています。献血後に血液検査の結果が送られてくるので、それで貧血、肝臓や腎臓の異常、高脂血症、糖尿病の有無がわかります。

血液検査の結果は過去4回分の結果と合わせて確認することができます。それをチェックしていると、血中コレステロール値が少しずつ上がってきているのに気づきました。一応基準値の範囲内ではありますが、上限ギリギリです。現在はまだ60キロ台でメタボの心配はありませんが、コレステロール値が高いということは動脈硬化から心筋梗塞、脳卒中などの死に至る病気をも引き起こす原因となります。今のうちにコレステロール値をもっと下げないといけないと感じました。

高機能な家電で脂を落とし、トクホの油に切り替えました

コレステロールというのはいわゆる「脂質」のことで、細胞膜やホルモンの材料になる重要な成分です。若い頃は摂り過ぎても代謝する力があり燃焼されてしまうのですが、加齢に伴い代謝が悪くなると、血中に溜まってしまうようになります。

コレステロール値が上がっているということは、第一に油の摂り方に問題があるということです。制限だらけで食生活を犠牲にしてまで健康を維持したいとまでは思いませんが、なんとか無理なく血液サラサラになる方法がないかと考えました。そこで、最近話題のノンフライヤーなど、揚げ物の調理の仕方に工夫ができる家電の導入を決めました。

購入したのは国内メーカーの、グリル兼用ウォーターオーブンです。これで揚げ物を調理すると、受け皿に油がたくさん落ちます。特に豚肉を使用した時に油が多いことに気づき、脂質が少ない鶏の胸肉を中心に使うことにしました。油自体の使用量が減って来たので、特定保健用食品の指定を受けている、メタボに良い油に変えました。

トクホの油でコレステロールを下げる努力を

この半年ほど使っているのは、コレステロールを下げるという表示がある油です。サラダ油の倍以上の価格ですが、コレステロールの含有量が少ない、またはゼロで、さらにコレステロールが体内に吸収されるのを抑えるという作用があります。毎日使用する量が少ないのですぐに効果が出るとは思いませんが、それでもコレステロールの摂取が少しでも減るように気をつけています。

最近は味の素の健康サララや日清オイリオのヘルシーリセッタのようにコレステロールの吸収を抑えたり脂肪がつきにくくするという効能をうたっている油が何種類もありますから、特売の時に買って色々試しています。

油の摂取量も減って、コレステロール値と体重に変化が

油を変えただけで、それ以外特に食生活に変化があった訳ではありません。ただ、油の使用量自体が減ったと思います。ですから、特にコストがかかっているとは思いません。油を変えて4ヶ月ほどたって献血をしたところ、コレステロール値が減少していました。さらに半年で体重が2kg減ったせいか、体のだるさが取れました。これからは魚、特に青魚も摂るようにして、EPAやDHAの効果で血液サラサラを維持したいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加