健康的な体を手に入れるならコレ!αカロテンを簡単に摂取できる方法とその効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

103_おばあさん体調不良_re

体を健康に導く効果がたくさんのαカロテン

「カロテン」という言葉はご存知の方も多く、おそらくニンジンのイメージが強いのではないでしょうか。カロテンにはαカロテンやβカロテンがありますが、ここではαカロテンの健康効果についてお話ししていきたいと思います。αカロテンは、ニンジン以外にもピーマンやかぼちゃと言った色味の強い緑黄色野菜から摂ることもでき、細胞を正常に維持するには素晴らしい効能を示す抗酸化作用の高い栄養素です。ここで抗酸化作用について考えてみましょう。あまり耳にする機会のない人も多いかもしれませんが、体内にある活性酸素が体を酸化させてしまう現象を食い止める作用が「抗酸化作用」です。体の酸化と言ってもピンとこないかもしれませんが、外見でいうとシワやしみができてしまうお肌の老化、内面でいうと体の内部の組織が劣化してしまい、生活習慣病やガンのリスクを高めてしまうことに繋がります。年齢とともに活性酸素が多くなってしまうことにより体の老化現象が進み、体の内側も外側も衰えていってしまうため、何とかして活性酸素を抑えることが注目されています。そこでαカロテンの抗酸化作用が効果的。体内で老化を進めてしまう活性酸素を抑えて、お肌や肝臓の組織を正常にしてくれます。

抗酸化作用はβカロテンの10倍!

αカロテンは体の中に摂取されるとビタミンAに変わります。もともとはビタミンAの作用がないのですが、体内でスムーズにビタミンAに変換されるため風邪など体調が悪い時もおススメですし、肌にもいいのです。女性にとっては嬉しい成分ではないでしょうか。βカロテンと比較すると約10倍の抗酸化作用があることで知られています。人間は年齢とともに体の見た目や内部にまで老化が進んでしまいます。内臓の老化は、さまざまな病気のリスクを高めてしまうため、それを抑えてくれる抗酸化作用は注目されているのです。アンチエイジングが気になる人は、αカロテンの摂取で効果が期待できるのではないでしょうか。

αカロテンを気軽に摂取する方法とは

緑黄色野菜に含まれているαカロテンを気軽に飲むことができれば、より健康的な体に近づくことができますよね。あまり手の込んだ調理法だと、手間がかかってしまいせっかくの栄養素がもったいないと感じてしまいます。そこで、簡単に体内に摂りいれる方法としてジュースやサラダをお勧めします。αカロテンが入っている野菜を単独で調理するよりも、何種類かの果物や野菜を混ぜてジュースにすると飲みやすくて家族みんなで美味しくいただけます。これなら気軽に続けることもできますし、αカロテンの効能も期待できますよね。また、サラダにしてそのまま食べるのも特別な調理方がいらず簡単。毎日の食事にプラスするだけでαカロテンの効果が得られそうですね。

吸収率アップを狙うなら油と一緒に調理を!

緑黄色野菜をそのまま生で食べるのも簡単でいいですが油と一緒に調理すればビタミンAもさらに吸収できます。特にお勧めなのがバーム油。これは同じカロテンが多く含まれています。バーム油を使って調理すれば、吸収率がさらに高まるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加